密封・防水技術を使った製品の製造・OEM生産について
密封パック・防水ケース・圧縮袋の石崎資材 TOP >> 密封・防水技術を使った製品の製造・OEM生産について

密封・防水チャック技術を使用して、お困りの課題を解決します

ここでは、密封・防水チャック技術を使用することで、実現できることをご紹介いたします。
また、今までの事例についてもご紹介いたします。

密封・防水ケースができるまで

必要な情報をお客様からお聞きし、それらを基にオリジナルの防水ケースを製造いたします。

材質の選定サイズ密封チャックスライダーの選定完成品

幅広い知識で材質の選定

幅広い知識で材質の選定

密封袋に使用するフィルムの材質は、保管目的に応じて設定いたします。
防湿、防錆、防臭といった用途および要求される保護レベルに応じて様々なバリエーションのフィルムから最適な設定をご提案いたします。
また、乾燥剤等との併用によって効果を高めることも可能です。

サイズ-小さいものから大きなものまで

小さなものは目薬用ボトルの収納ケースから、大きなものは大型機器を丸ごと密封保護する袋まで、様々なサイズに対応可能です。

立体的な収納には底マチを設けたりなど、袋形状のアレンジも可能です。

密封チャックの選定-ダブルチャック

密封チャックの選定-ダブルチャック

密封袋にとって、チャック部分の気密性は非常に重要です。

当社が主に使用しているダブルチャックは当社オリジナルの高密封仕様です。

また、開封しやすいようにチャックの前後面に段差を設けております。

スライダーの選定

スライダーとは密封チャックを閉止するための部材です。

密封チャックはたとえ数ミリでも閉じられていない箇所があると、そこから空気が流入して密封を維持できなくなります。しかも密封チャックは一般のチャックと比較して、構造が重厚であるため市販のジッパー付き袋のように軽く閉じられるわけではありません。したがって、閉止スライダーは密封チャックとは切り離せない非常に重要なパーツなのです。

当社はチャックの形状ごとに専用のスライダーを自社開発しており、密封袋の気密性を支えています。

密封・防水技術応用事例

密封・防水袋お役立ち事例1

密封・防水袋お役たち事例1
  • 企業様からのお問い合わせ内容
重要書類を水害や火災時のスプリンクラーの水から低コストで守る方法はないだろうか?
  • 石崎資材の対応
A4サイズの書類ボックスを丸ごと収納できる大きさの密封チャック袋を製造いたしました。 透明フィルムを使用した密封チャック袋なので、密封保管時でも内容物の把握ができ、書類の出し入れが必要になった場合でもチャック式で開閉が容易で好評でした。

密封・防水袋お役立ち事例2

密封・防水袋お役たち事例2
  • 日用雑貨メーカー様からのお問い合わせ内容

衣類や革製品を長期間湿気やカビから守る製品はできないでしょうか?

  • 石崎資材の対応

防湿効果の高いシリカ蒸着フィルムを使用した密封チャック袋を製造いたしました。
再利用できる乾燥剤を併用することにより、大切な衣類を長期間安心して保管できる収納用品が実現いたしました。

密封・防水袋お役立ち事例3

密封・防水袋お役たち事例3
  • お客様からのお問い合わせ内容

機械部品の輸送・保管時に、防湿・防錆のために密封保管したいというご要望。

  • 石崎資材の対応

輸送ケースのサイズに合わせた密封チャック袋をご提案し製造いたしました

密封・防水機能を応用した製品の別注オーダーも承ります

石崎資材は密封・防水技術を利用し、さまざまな製品を製造しています。
お客様がどのような製品を求めているのかをお聞きし、用途や使用環境に合わせて最適なものをご提案いたします。
サイズやロットについてもご相談ください。
また、ロゴなどのオリジナルプリントの印刷も可能です。
多くの分野であらゆる目的に応じて使用できる密封ケースを是非お試しください。
問い合わせフォームはこちらから